カルディコーヒーで迷い続けるあなたに贈る おすすめ商品の数々

【業務スーパー】ピンクソルトと【カルディ】スパイス アップシーソルト使い分け!

スポンサーリンク

IMG_6293
Pocket

ある事情でスーパーで松茸を購入した

もう秋が近づいてきていますね。イオンに中国産ではありますが松茸が売られていました。

image1

子供に「松茸、食べたことない。どんな味がするの?」と聞かれました。松茸の味を言葉で表現することは僕には難しかったので買ってみることにしました。

 

日本の松茸に比べると、この量で1000円以下というのはコスパが最高です。が、『きのこ』として考えるとかなりの割高感があります。(-_-;)

 

まあ、味を知るという体験に1000円払うと考えれば安いものです。(と言って自分を納得させる)

 

松茸をどのようにし食べるのか?問題

今回、買った松茸をどのようにして食べるのか?ということが購入後の問題になってきます。

IMG_6294

松茸には色々な食べ方があると思うのですが、僕は面倒はゴメンなのでとりあえず焼いてみることにしました。

 

また、その日は油で揚げる料理(から揚げ)を食べる予定になっていたので、から揚げ前に松茸を天ぷらにしてみることにしました。

 

松茸を焼いて食べる。松茸をてんぷらで食べる。単純だけど最高の食べ方ですよね。

 

ここでこだわらないといけないのが『塩』です。

 

塩はヒマラヤピンクソルトかスパイス アップシーソルト

うちの家には塩が2つあります。カルディで定期的に購入している『スパイス アップシーソルト』と業務スーパーの『ヒマラヤピンクソルト』です。

image1

なんで2つの塩を使っているかというと料理(食材)によって使い分けているのです。最近、ヒマラヤピンクソルトを買ってからその考えになりました。

IMG_6053

ヒマラヤピンクソルトは『塩』なんですが、その色がピンク色でオシャレでかわいいです。スパイス アップシーソルトおしゃれですけど色つきでもっとオシャレです。

 

ヒマラヤピンクソルトは中国とインドの間にあるヒマラヤ山脈で採掘された岩塩のことです。『世界でもっとも高品質の塩』と呼ばれています。

 

あるひとが『山の塩は肉に、海の塩は魚に』に使うのがベストだと言っていたからです。(影響されやすい性格です・・・)

 

カルディで購入している『スパイス アップシーソルト』は文字通り『シー』=『海』ですから海から生まれた塩です。

 

ですので、ヒマラヤピンクソルトは山系(肉や野菜、キノコ類)スパイス アップシーソルトは海系(魚や貝、海藻)に使うのです。

 

ヒマラヤピンクソルトの塩味は、雑味がなく鋭くシンプルです。松茸の味と香りを活かしてくれるに違いありません。

スポンサードリンク

松茸を焼いたり、てんぷらにしたりして食べた!

松茸は『山系』の食材ですので、スパイス アップシーソルトではなく『ヒマラヤピンクソルト』を使うことにしました。

IMG_6298

 

松茸は、普通に洗うと香りが飛んでしまうのでボールに水を入れて軽く洗います。

IMG_6302

そして松茸を包丁でスライスしトースターで焼きました。

IMG_6306

また、てんぷらでも揚げて食べてみました。

IMG_6305

中国産で日本のものにくらべ香りが弱いとか言われていますが、とってもおいしいです。子供も初松茸でしたが、おいしい!おいしい!と高級な食べ物に大満足でした。

IMG_6307

美味しいものはシンプルに『塩』で食べるのが一番ですよね。

IMG_6311

『塩焼』でも『てんぷら』でも、どちらもヒマラヤピンクソルトで美味しく食べることができました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

スポンサードリンク

おいしいコーヒーの入れ方 ※音が出ます

アーカイブ

ブログ ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ