カルディコーヒーで迷い続けるあなたに贈る おすすめ商品の数々

【定番】おすすめのコーヒー豆 マイルドカルディを挽いてみた!

スポンサーリンク

image22

こんにちは!

 

以前、マイルドカルディのドリップを購入し「本当においしくおすすめです」と購入レビューを書いたのですが、カルディ通になるためには、豆から自分で挽いてコーヒーを入れなければならないという勝手な使命感で今回は豆から自分で挽いてマイルドカルディを飲んでみることにしました。

image10

そうするためには、まずコーヒーミルとコーヒードロッパー、フィルターが必要となりますので、早速通販で揃えました。

image3

購入したのは、安くて評価が高いカリタの『コーヒーミル KH-3』と『陶器製コーヒードロッパー(102ロトブラウン)』、『コーヒーフィルター102濾紙』です。

image21

早速、準備をし、コーヒーを挽いてみました。

KH-3 コーヒーの挽き方 調節方法

image

ちょっとしたこつが必要ですが、細挽き、粗挽きの調整がネジの調節で可能です。

image4

このゴリゴリするレバーを回す感触と音、コーヒーの香りが最高です。これが自分でコーヒーを挽く醍醐味ではないでしょうか?

image2

こちらが挽いた後の写真です。ネジの調節で結構細かく豆を挽くことが可能です。

image12

濾紙をセットし、ゆっくりお湯を入れます。

image14

実際のところを申しますとドリップとあまり差がないといいますか、手をかけた割には期待以上ではなかったというのが正直な感想です。(-_-メ)おそらく挽き方、お湯の入れ方など、コーヒーを分かっていない人間が入れたので『マイルドカルディ』のポテンシャルを発揮できなかったのかもしれません。

image19

コーヒーの入れ方

image20

マイルドカルディは美味しいのはもちろんですが、やはり不動の人気を支えているのは200gで496円という価格設定でしょう。

 

ちなみに、店頭で、無料試飲させてくれるお馴染みのコーヒーがマイルドカルディで同じ豆です。だから、その飲みやすさは多くの方が実証済みなのです。

 

自分でコーヒーを挽いてみてコーヒーの奥深さが分かりました・・・。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

スポンサードリンク

おいしいコーヒーの入れ方 ※音が出ます

アーカイブ

ブログ ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ